アスリートネット湘南     平塚スポーツケアセンター 海老名加圧スタジオANS


by athlete-net
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ヤフオクの加圧ベルト(一度は削除したけど復活!)

この記事は、実は数年前に1度アップした物です。
しかし諸事情(警察の捜査などね・・・)により、削除していました。

もうそろそろいいだろうと思い、再びアップします(笑)

内容は、「旧筋力アップクンの偽ベルト」についてです。


現在、ヤフーオークションをはじめとする様々なネットオークションで、筋力アップクンも手に入るようになってきましたが、以下の記事を参考に、くれぐれも騙されないようにしてくださいね。


最近は出品者も巧妙になって、ラベルを写真に載せないようになってきましたので、更に注意が必要です。。。



-----------------------以下、復活記事-------------------------

加圧トレーニングのベルトがオークションに出回り始めてきました。

しかしこのベルト・・・かなり問題アリなんです。

なかなか本部も対応してくれないのでこのベルトを自腹を切って入手してみました。(充分に対応してくれました:後日談)



一見普通の加圧ベルトです。
b0090930_15353141.jpg


筋力アップクンは僕の知る限り
紺色→赤色(バックル補強部分が皮)→赤色(バックル補強皮部分が布)→黒色(ここまではネオプレン製)→筋力アップクンEXと推移しています。
入手したベルトは補強部分が皮でしたので、2.5世代前のベルトということになります。



種類はその当時、「競技用Sサイズ脚ベルト」と、「上級用腕ベルト」と呼ばれていた物です。
中でもこの脚ベルトは別名、競輪用なんて呼ばれていました(現在では、アスリートモデルと呼ばれています)


このベルト、見た目は一見その当時の本物のベルトなんですが、よく観察してみると問題点がいくつか出てきます。

まず、すぐわかるのがシリアルナンバーが無い。
b0090930_15514999.jpg

正規品であれば、ここにシリアルナンバーが振ってある。又は「指導者用」と銘打たれています。
b0090930_12111693.jpg

これが本物



ゴム袋を装着するケースが無い。
b0090930_12123226.jpg

下が平スポの正規競技用ベルトです。これが無いと圧設定に必要なゴム袋を装着することができません。


長さがまちまち これはヒドイ・・・
b0090930_15363232.jpg


縫製が雑でしかもバラバラ きっと中国製だな。。。
b0090930_1537046.jpg




そして更に、実際に装着してみるとこれがまたトンでもない代物なんです。

まず脚ベルトに関しての感想は・・・
脚のベルトは固すぎて伸びない。
伸ばした時の復元力が弱過ぎる。
このベルトでまず充分な圧をかける事は不可能。
無理矢理巻けば、伸縮性が弱い為、止血の危険性がとても高い。
ちなみに1回巻いただけでベルトが5センチくらい伸びちゃいました(怒)


そして腕ベルトについて・・・
これは柔らかすぎで、伸縮性がありすぎ・・・
これを素人が巻くと、まず圧の設定がデリケートすぎて止血します。
事実、平スポスタッフ数名が試しましたが、正しく適正圧をかけられませんでした。



加圧トレーニングをしたこと無い人、昔のベルトを知らない人にはわからないかも知れないですが、結論を言ってしまえば、見た目だけ似ている完全に偽物です。
(加圧トレーニング本部にも確認済。100%偽者の粗悪品です)



探せばすぐに見つかります。けれども、このベルトで加圧トレーニングは出来ません。 


加圧トレーニングにならないのです。
危険なだけで、筋力アップを初めとする効果はとても期待できません。

これで加圧トレーニングが出来るなんていう輩は、「真性の加圧素人」です。本物を知らないって怖いですね。



本来、この時代の筋力アップクンは、本当に出来がよく、古い指導者は筋力アップクンEXより、未だにボロボロになってしまった旧筋力アップクンを愛用している人が多いのが事実です。旧タイプは質が悪かったのだろうなんて考えているのなら大間違いです。確かに耐久性に関しては問題ありましたが・・・


皆さんは、もし興味があっても、安物買いの銭失いにならぬよう(しかも大して安くない)気をつけて下さい。


実物を見たい方は、平塚スポーツケアセンターに置いてありますので、入札する前に手にとってみても構いませんよ。正規品との違いを比べてみて下さい。


一つ言っておきましょう。
このベルトを入手して、全国何処の加圧施設に行ったとしても、誰一人圧の設定はしてくれないはずです。
なぜか??? 手に取った瞬間にこのベルトが偽物であることに気づくからです。





[PR]
by athlete-net | 2009-03-20 15:48 | 加圧トレーニング